Case:The sleepover chef

イタリアの老舗パスタメーカー「Garofalo(ガロファロ)」。“パスタ発祥の地”と呼ばれるナポリで創業された同社の作るパスタは、茹でてもコシが失われず、ソースとの絡み具合も抜群にいいのだそうです。

ガロファロ社は、海外に住む人にも本場のパスタの美味しさと、“ナポリ式のもてなしの心”を広く知ってもらうため、ひとりのシェフをアメリカ・ニューヨークに送り出し、その活動の模様を編集してプロモーションビデオとして公開しました。

シェフの名前はLeleさん。底抜けに明るい、ナポリ出身の料理人です。

彼の目的は二つ。
1.ニューヨーカーの家に出張サービスをして料理を作り、美味しいパスタを味わってもらうこと。
2.料理をふるまった家に泊めてもらうこと。

最初は道行く人に片っ端から「美味しいパスタを作ってあげるから、家に泊めてよ!」と声を掛けていたLeleさんですが、もちろん相手にされるはずもありません。

有名ブロガーに認められれば知名度も上がるに違いないと考えた彼は、フードブロガーのLynsay Reynoldsさんのもとを訪ねます。

料理を振る舞う了承を得たLeleさん。Lynsayさんの友人たちも招き、いざクッキングスタート!

料理が出来上がるとシェフ自身も一緒にテーブルにつき、ギターを弾いたり歌を歌ったりと、おいしい料理とともに“ナポリ式おもてなし”で食事を盛り上げます。

最後はちゃっかりLynsayさんのお宅のソファーを借りて、泊めてもらうことに成功しました。

Leleさんの陽気な出張料理サービスは、ガロファロ社のフェイスブックページより申し込みができるそうです(サービスはニューヨーク市在住者限定)。「なぜLeleさんに料理を頼みたいのか」を書いたメッセージを投稿すると、運が良ければLeleさんが来てくれるかもしれない、とのことです。

自宅でシェフが料理を振る舞ってくれるなんて、なんとも贅沢なひとときですね!

動画はコチラ

The Sleepover Chef from Pasta Garofalo on Vimeo.

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/online/garofalo_pasta_the_sleepover_chef