Case:「さわれる検索」

インターネット検索エンジンの大手Yahoo!Japanは、3Dプリンタの技術を応用し、検索したものがそのまま立体物として形づくられる新マシン「さわれる検索」を開発しました。

この「さわれる検索」には3Dプリンタの技術が取り入れられており、マシンに「さわりたいもの」を呼び掛けると、音声検索で3Dデータが呼び出され、本物そっくりの立体物となって出力されます。このマシンは、視覚に障害を持つ盲学校の子供たちの教育支援を目的として、制作・提供されました。

情報社会において重要な役割を占めるWeb検索ですが、これまで検索結果は見るもの(もしくは聞くもの)が大半。それが、文字だけでなく「形状」まで確認できるようになることで、検索エンジンによって明らかとなる情報が増え、その利便性をより多くのユーザーが享受できるようになったと言えます。

このマシンは現在、盲学校の教育現場に設置されています。

「さわる」ことが必要とされる盲学校において、模型やフィギュアなどは用意されていますが、児童が知りたい・さわりたいと思ったものをその場で出力できる点は、これまでの視覚障害教育を大きく進歩させるのではと言われています。

呼びかけた言葉がそのまま立体的な模型となって現れる技術は、今後様々な支援現場での活用が期待できそうですね。

参考サイト

さわれる検索
http://sawareru.jp/