Case:イノベーション・トランプ

マーケティングリサーチビジネスを展開するマクロミルのちょっと変わったトランプDM。

マクロミルは今年4月にコーポレートアイデンティティを刷新し、それに伴いコーポレートロゴのリニューアルを決定しました。今回のDMはリニューアルに込めたマクロミル社の思いを、改めて周知することを目的としたものです。

このトランプは“ノベーション・トランプ”と名付けられ、マクロミル新ロゴが描かれた完全オリジナルデザインで、DMに添えられたメッセージボードにはマクロミルの新たなコーポレートアイデンティティである『Innovation or Nothing(=革新か無か)』が紹介されています。

メッセージボードには「(ビジネスにおける)新しいゲームのスタートには、全社一丸となってさらなるイノベーションをおこしていくマクロミルといっしょに!」(要約)とありますが、実はこのトランプ自体にちょっとイノベーティブな仕掛けがあります。

通常のトランプは4つの絵柄で54枚のカードですが、このトランプは5つの絵柄で68枚あります。これは「トランプは4種のマーク」という小さな“当たり前”を疑ってみることがイノベーションのはじまりであり、そんな“ちょっと革新的な気持ち”を持つことがビジネスをプレイしていく上で大切であるという、マクロミル社の姿勢が暗に示されています。

『Innovation or Nothing(=革新か無か)』。
4種が5種に変わることで“どんな新しい遊び方が考えられるか”、それこそがマクロミルから、想像力が必要とされる広告業界人に訴えかけるメッセージ。

専用のWebサイトでも当企画のコンセプトが解説されています。

なお、もっともイノベーティブな遊び方を考えた人には「Google Nexus 7」が贈られるそうです。

クリエイティビティーに富んだ見た目も美しいDM。
新スローガンの周知をトランプに託した柔軟な発想が素敵ですね。

参考サイト

LET’S PLAY A NEW GAME
http://www.macromill.com/innovation/