Case : Trash

ブラジルで街の美化を訴える目的で制作された雑誌広告。

ゴミのポイ捨てをやめて、「ゴミはゴミ箱に捨てましょう」と訴求するために、見開き広告の片面にゴミ箱を、もう片面にペットボトルの空き容器が描かれたクリエイティブを制作。

読者がこのページを閉じると、あたかもペットボトルをゴミ箱に捨てたかのような体験ができるという仕組み。

シンプルで一瞬にして伝わる広告ですね。

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/07/assembleia-legislativa-trash/