Case: Iconic refreshment

Pepsiがドイツで制作したプリント広告。
広告タグラインは、“Iconic refreshment”(直訳:象徴的な清涼飲料)。

一切のコピーがなく、顕微鏡で血管を拡大しているかのようなクリエイティブ。赤色を動脈、青色を静脈としているのではないかと思われます。

右下をよくよく見ると、白色の丸で囲った箇所にPepsiのロゴマークが現れているという表現。

解釈は少々難解ですが、恐らく『Pepsiこそが、人間の体(血管・血液)に生来備わる、体が本能的に欲する“refreshment”(清涼飲料)なんだよ』ということを訴えたいのかもしれません。

広告代理店は、BBDO, Düsseldorf。別バージョンとして下記もご覧ください。

なお、類似テイストのクリエイティブをBMWも制作したことがあるようです。こちらの方が少しわかりやすいかもしれませんね。

世界各地で実施されたペプシのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

ペプシの愉快な広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Buzz Feed
http://www.buzzfeed.com/copyranter/what-in-the-fking-hell-is-going-on-with-these-new-pepsi-ads