Case: Instashop

大手食品メーカー・ケロッグが、「スペシャルKシリアル」の新バージョンを宣伝するために仕掛けたプロモーション。

同社はスウェーデンの首都ストックホルムに期間限定ストア、“Instashop”を開店します。

この店舗は単に商品を販売するためのものではなく、お客さんが陳列されている「スペシャルKシリアル」の写真を撮影して、“#nyaspecialk”(nyaは、‘新しい’という意味)というハッシュタグを付けてInstagramに投稿すると、もれなく新商品がその場でプレゼントされるという企画です。
[投稿した写真を店員に見せる必要があります]

“Instagramへの新商品の写真投稿”(ソーシャルメディアでの宣伝活動)の見返りとして、商品をプレゼントするという世界初の試み。

現実的に“Instagramへの投稿による宣伝効果”は取るに足らないものでしょうが、お客さんに通常とは一風変わった形で“楽しんで新商品のサンプリングを受けてもらおう”という意図と、世界初のInstashopという試みによる“パブリシティ効果”を見込んでのプロモーションだと思われます。

ケロッグは“Instashop”だけでなく、世界初の“Tweetshop”をロンドンに開店したことがあります。気になる方は下記もご覧ください。
ケロッグ、新商品のPRで世界初の“ツイート・ショップ”をロンドンにオープン

商品やサービスをPRするための「期間限定ショップ」の事例に関心のある方は下記もご覧ください。
世界の斬新なポップアップショップ&レストラン(まとめ)

参考サイト

Trend hunter
http://www.trendhunter.com/trends/social-media-shop