Case: Food Slot

老舗マヨネーズブランド「Hellmann’s」といえば、スーパーマーケットでのユニークな販促企画に定評のある知る人ぞ知るメーカーですが、今回手掛けたプロモーションもまたまたユニークです。

開発したのは、“フードスロット”というスロットマシーン。
こちらをスーパーマーケットや食料品店、バーなどに設置します。その名の通り、買い物客はスロットゲームを楽しむことができます。

スロットのレバーは誰でも自由に引くことができ、4列ある“食材”の絵柄を回転させます。

通常のスロットマシーンのようにコインが落ちてくるのではなく、表示された組み合わせの食材を使った“マヨネーズで作るレシピ”が出てきます。

さらに、そのレシピの通りに調理した“試食品”も出てきて買い物客を喜ばせます。驚きなのは、この試食品が温かく出来立てであるという点。

このスロットにより表示される食材の組み合わせは数百通りもあり、利用客が毎回異なった経験ができるように工夫されている点も特徴。

マカロニサラダ、ラザニア、牛肉のラグーなど1日に用意されるレシピと試食品の数は350種類にも及ぶといいます。

さらに、スロットマシーンならではの“当たり”(Hellmann’sのロゴマークを4つ揃える)もあり、賞品はもちろん大量のマヨネーズです。

プロモーションに“ゲーム性”を盛り込むことにより買い物客を楽しませるというコンセプト。

ただし、単に“ゲーム性”を付加するにとどまらず、レシピだけでなく出来立ての試食品まで提供するという“こだわり”、加えて、数百通りものレシピ&試食品を揃えることで、一度だけでなく“何度も楽しんでもらおうとする仕組み”が共感をよぶポイントだと思います。

毎日の献立に悩む主婦だけでなく、子供や男性の胃袋にもダイレクトにアプローチでき、「マヨネーズの新しい楽しみ方」を訴求できる(需要を喚起する)ユニークな施策だと感じました。

マヨネーズブランド・Hellmann’sは今回の施策以外にもユニークなプロモーションを頻繁に手掛けています。興味のある方は下記記事もご覧ください。
Hellmann’sの斬新なプロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

I Bilieve in Advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/05/hellmanns-food-slot/