Case: The high speed walkway

仏大手通信会社・Orangeによる新しく導入した4Gネットワークのアンビエントプロモーション。

同社の4Gネットワークが従来の回線と比べて“いかに高速化したか”を直感的に訴えるために、人々の既成概念の中で『ゆっくりとしたもの』という認識のあるものをプロモーションに応用します。

今回『ゆっくりとしたもの』の代表として目を付けたのが、空港にある『動く歩道』です。

動く歩道の一つを改造して、入口のそばに「Experience High-Speed」と記した看板を掲示します。
看板を確認して、おもむろに動く歩道に一歩踏み出すビジネスマン。

足を踏み出した瞬間に、上半身がついてこられないほどの物凄いスピードで体が前進します。

通常の何倍ものスピードで動いている歩道にビックリしている彼を、周囲にいる人たちも笑いながら見ています。

この2人はちょっとしたアトラクション気分で大喜び。出口で待ち構えている人たちも楽しそうです。

そして出口の上の大きな掲示板には、「Experience High-Speed 4G From Orange」と記されているという仕掛けでした。

はしゃぎすぎてスーパーマンごっこをする若者たちの姿もあったようです。

「ネットワークの速さ」を理解してもらうために、小難しい説明をせずに別のものに置き換えて、その違いを“体感”してもらい、腹落ちさせようとするコンセプト。4Gネットワークが今までの回線の“常識を超えた速さ”であることを、ユニークな形でコミュニケートしています。

左脳ではなく、右脳を直撃する企画。動画を見ているだけで楽しくなりました。

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/orange_the_high_speed_walkway