Case:Wardrobes for Mobile

以前“携帯電話をお店に預けると10%引きになる米レストランのPR施策”を紹介しましたが、本日は欧州を代表する三大ビールブランドの一つ、アムステルビールが仕掛けた類似のキャンペーンを紹介します。

近年スマートフォンの普及に伴い、本来仕事やオンライン空間のことを忘れて“リラックスできる場所であるはずのバー”においてでさえも、スマホで仕事のメールを始終確認したり、SNSをチェックして寛げない人が増えてきています。同時に折角時間を共有している目の前にいる相手とのリアルなコミュニケーションの妨げにもなっているという側面もあります。

そんな状況が好ましくないと考えたアムステルビールは、市内のバーの協力を得て、お店の入り口に世界初となるスマートフォン専用の“ワードローブ”を設置。

お客さんがスマホをこの“ワードローブ”に預けると、ビール1本無料のチケットがもらえるという仕掛けでした。

この試みは、「ビール1本無料」というわずかなサンプリング費用にもかかわらず、数多くのメディアにも取り上げられ、バーの客足増加にも一役買い、お客さんにも好評だといいます。

新商品のサンプリングでこの座組みを実施するのもいいかもしれませんね。ナイスアイディア!

動画はコチラ

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/05/amstel-wardrobes-for-mobile/