Case: Calendar

大手ビールブランド・コロナがシンガポールで制作したユニークなカレンダー。

アジア圏で「Let the world wait-コロナと日常を忘れる瞬間」をブランドメッセージに据えているコロナが、そのメッセージを強化し、多忙な日々の生活からリフレッシュするためにコロナビールを飲んでもらおうと訴求するためのプロモーショングッズ。

1年間365日、365枚のコースターでできたカレンダー。

各コースターには、“その日思わず乾杯したくなる”ような、過去にその日に世界各地で起きた“素敵な記念事項”が描かれています。例えば、1月12日は“バットマンがテレビに初登場した日”だとか、8月6日は“アンディ・ウォーホールの誕生日”、6月6日は“テトリスがリリースされた日”などが、その事柄を直感的に伝わる絵とともに描かれています。

下記キャプチャの右側のコースターは、3月10日のもので“空手家チャック・ノリスの誕生日”を示しています。

「365日間毎日コロナビールを飲む理由を与えてくれる」素敵なコンセプトのコースター型カレンダー。

デザイン性も高く、是非1セット欲しいところです。日本でも出さないのかな~~。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/dm/corona_calendar