Case: Classicals Behind The Classics

ブラジルの有名オーケストラ「Brazilian Symphony Orchestra」による、YouTubeを活用したユニークな広告。

同オーケストラは、顧客の大半が65歳以上の高齢者で若者を新たに開拓することが大きな課題。
今回クラシックオーケストラに縁遠い若者を取り込むために、若者との“接点”として『名作映画で使用されているクラシック音楽』に白羽の矢を立てます。

施策内容

YouTubeに、映画ETやジョーズ、インディ・ジョーンズ、スター・ウォーズといった名作映画の誰もが一度は聞いたことのある印象深いテーマ曲が流れる場面の映像を仕込みます。

そして曲のクライマックスには、“Click to see what’s behind this movie”とクリックを指示します。

ユーザーがクリックすると、YouTubeの画面背景全体が“そのテーマ曲”を演奏しているオーケストラの様子に一瞬にして切り替わります。“YouTube画面(ダミーの再生回数やコメント等)まで含まれた映像”を仕込んでおき、クリックで切り替えるという仕掛けだと思われます。

以下キャプチャはスター・ウォーズとジョーズの場合です。

この仕掛けで若者に関心を持たせた後、すぐさま“オーケストラのチケット購入サイト”への導線を表示して、顕在化したニーズを刈り取るという座組みでした。

結果

若者によるチケット購入数は40%アップし、今期予定されている全公演が完売したといいます。

若者との“接点”として『名作映画で使用されているクラシック音楽』を入口にするという着想がまず秀逸です。そして、“映画を放映している画面背景をオーケストラの模様に切り替える”というサプライジングな仕掛けが、ユーザーの琴線を揺さぶりアクションに繋げた素晴らしい事例だと思います。

一風変わったYouTube広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界の斬新なYouTube広告(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SQEJ860uoso