Case: Fat Free Poster Display

ブラジルで100店舗以上展開する無脂肪フローズンヨーグルト・チェーン「Yogoberry」のユニークな店内ポスター。

ヨーグルトの容器(カップ)をカウンターそばの“ポスター”に備えつけ、陳列します。

拡大すると以下写真のイメージ。
備え付けられた6つの容器で「割れた腹筋(シックスパック)」を示唆するクリエイティブに仕上がっています。

こちらは、マッチョな男性の体をイメージしたものと、引き締まった女性の体をイメージしたものの2種類が用意されていました。

カウンターでの注文時にお客さん自身がカップを1つ手に取って、店員に手渡すようです。

この施策は、同社のフローズンヨーグルトが「無脂肪でいくら食べても、無駄な脂肪がつかずいい体に鍛えられる」ということを一風変わった手法で訴求するだけでなく、“ポスターを容器の陳列スペース”にすることにより、「店舗の狭さをカバーする」ことも狙って考案された企画だといいます。

まさに一石二鳥のポスター。この発想の転換、面白いですね。

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/05/yogoberry-fat-free-poster-display/