Case:Fan Check Machine

音楽専門誌ビルボードがブラジルで手掛けたユニークなキャンペーン。

街ゆく市民が、“ビルボード誌の表紙を飾るアーティストのファンであることを証明する”と、無料で雑誌をゲットできる特殊な自販機を街中に設置します。

ではどのようにして“ファンであることを証明する”かというとiPhoneを使います。

自販機に付属されているプラグをiPhoneに接続すると、自動的にライブラリにアクセスされ、表紙を飾るアーティストの“楽曲が20曲以上”あれば、晴れて“ファン”として認定されるというわけです。そして、すぐさまそのアーティストが表紙を飾るビルボード誌が自動で落ちてきます。

なお20曲未満だった場合は、「あなた、本当のファンじゃないでしょ」というメッセージが表示されて、雑誌は落ちてきませんでした。

アルバムを1枚ダウンロードしているくらいの“にわかファン”には、ちょっと厳しい自販機。音楽ファンは、“iPhoneで音楽を聞くのがもはや当然”という前提に立って考案された企画ですね。興味深いアプローチです。

動画はコチラ

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/05/billboard-fan-check-machine/