Case: Nissan Self Healing Paint

日産自動車には、業界で初めてボディに細かい擦りキズがついても、時間が経過するとともにほぼ元の状態に復元される塗装技術「Self Healing Paint」(スクラッチシールド)が備わっています。

今回この最新テクノロジーを、一風変わった角度からターゲットに訴求するためにiPadの電子雑誌を活用。

ユーザーが経済誌・The Economistのページを指でめくっていくと、フェアレディZの車体が大きくうつった広告が登場します。

さらに次のページを見ようと、読者がスワイプすると、「ギーッ」という音声とともに車体に擦りキズがつきます。

読者が妙だと思って、もう1度スワイプするとさらにキズがつきます。

ところがこの2つの傷は数秒経過すると消えてしまい、同時に「Now with self-healing paint」という文字が映し出されて、読者に種明かしをするという仕掛けでした。

iPadの特性である“スワイプ機能”とユーザー心理を巧みに活用した広告ですね。うまい!

世界各地で実施された日産自動車の広告に関心のある方は下記もご覧ください。

日産自動車のユニークな広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

digital buzz blog
http://www.digitalbuzzblog.com/nissan-the-self-healing-paint-ipad-ad-iad/