Case:Hachiko

ワンちゃんの体に優しい自然食品のみを使ったペットフードブランド・Nutrience Originalによるプリント広告。

“忠犬”として名高いハチの姿・形を、飼い主に愛され、飼い主が死亡した後も駅前で帰りを待ち続けた“ハチの生涯の様子”を描写することにより、浮かび上がらせるというクリエイティブ。

拡大すると以下のような感じです。

広告の最下部には、大好きな飼い主に餌を与えられて美味しそうに食事をしている“ハチ”の姿とともに、Nutrience Originalのペットフードのパッケージが描かれています。

こんな風に“飼い犬との素晴らしい関係”を育むには、餌には“ナチュラルフード”が最適ですよ、ということを示唆しているかのようです。

フィリピンの広告で、“忠犬ハチ公”が登場することが印象的でした。
日本国外でも“忠犬”として知られているんですね。

他の名犬のパターンもありますので、興味のある方は下記もご覧ください。

[Stubby]

[Kabang]

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/05/nutrience-original-hachiko-stubby-kabang/