Case:Melting Machine

人気炭酸飲料・7Upがアルゼンチンで手掛けたアンビエントプロモーション。

真夏の1月に、ブエノスアイレスの街中に“7Upを多数埋め込んで”制作した「氷の自販機」、その名も“Melting Machine”を設置します。

こちらの自販機は、コインを入れて作動するものではなく、日ざしで氷が徐々に溶けていくことで、誰もがタダで7Upを持っていけるというコンセプト。

猛暑に耐えかねて、キンキンに冷えた7Upに市民の多くが群がっていきます。

これだけでも楽しめるプロモーションですが、今回の企画はこれだけではありません。

「全ての7Upが取り出せるようになる時刻」を予想してTwitterで投稿し、見事的中すると“7Up 6本パック”がプレゼントされるというプログラムも用意されていました。

単なるサンプリングよりも印象に残る楽しい仕掛けですよね。
体験したら思わず“誰かに伝えたくなる”企画でした。

“氷”を活用したプロモーションはコチラ

McDonald’sのサマー・プロモーション “氷を砕いて、涼しくなって、お金もゲット!”
“アートとアドを両立した”皮膚癌を啓発するアウトドアプロモーション
ミネラルウォーターブランドによる“暑い夏に嬉しい”サプライジング冷蔵庫

動画はコチラ

参考サイト

Guerrila marketing
http://www.guerrillacheesemarketing.com/2013/04/26/guerrilla-marketing-7up-melting-machine/