Case:So real, it’s scary

大手家電メーカー・LGによる、新発売した“横縦比21:9サイズ-ウルトラワイドIPSモニター”の『画質の素晴らしさ』を訴求するためのアンビエントプロモーション。

当モニターのプロモーションでは以前、エレベーターを舞台にしてドッキリ施策を手掛けましたが、第2回目となる今回は“男子トイレを舞台にしてある実験”を行います。

男性がトイレで用を足していると、目の前に据え付けられている広告モニタに突然悩ましげな表情をしたセクシーな美女が現れます。

今回の実験は、そんな突然登場した“セクシー美女に見つめられながら用を足すことができるか”を調査するという企画。

実験の結果、広告モニタが物凄く高精細で、“美女がまるで実物のように見える”ということもあり、多大なプレッシャーで思うように用を足すことができない男性が続出。

通常用を足す場合に比べて平均16秒長く時間がかかり、加えて26%は用を足すことができなかったそうです。

この実験の模様をおさめた動画はYouTube公開からわずか2日で70万回以上再生されています。

“画質の美しさ”を訴求するためにこんなことやるの!?って感じですね。
予想の斜め上の企画でした。う~~ん、斬新!

トイレで行われるプロモーションに関心のある方は下記記事もご覧ください。

おしっこでギターを奏でるプロモーションがブラジルで話題に!!
オーストラリアのブックメーカー “公衆トイレの個室”を使ったアンビエント広告
公共トイレのシンボルマークに細工を施す

世界各地で実施されたLGのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

LGの斬新な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Buzzilla’s blog
http://www.buzzillablog.com/2013/04/so-real-its-scary.html?m=1