Case:Serve it shiny

エジプトの家庭用洗剤ブランド・Prilによる、抜群の洗浄力を誇る商品であることをターゲットである主婦に訴求するためのユニークな雑誌広告。

エジプトの主婦の大半が料理を作る際にレシピ本を参考にしているという点に目をつけて、レシピ本の中で『料理のレシピを紹介するページと全く同一のテイスト』で、“The ultimate shine recipe”と題して、綺麗に食器を洗うための過程&方法(=レシピ)を解説するという広告。

Ingredients(原材料)の項目には、「Pril:1滴」と「水道水:カップ2杯分」と「柔らかいスポンジ:1個」と表記されていて、さらに“綺麗に食器を洗うための過程”が4ステップで紹介されていました。

“ターゲットの関心ごとにしている場・商品の利用シーンを想起しやすいシチュエーション”に出向いて、そこで関心ごとになりうる“姿に変身”することで、伝えたいメッセージをコミュニケートするという発想。巧いですね~~。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/pril_serve_it_shiny