Case:Screenshot

ドイツ自動車メーカー・アウディによる、同社ラインナップの中で最もスピードが出るスポーツクーペ「audi R8」を訴求するためのiPadを活用したデジタル広告。

その名も、“Screenshot AD”。

電子雑誌のあるページに出稿された今回のデジタル広告。

iPadで右から左にページをスライドさせていくと、殺風景な高速道路が写ったページに辿り着きます。

すると、ポップアップで『audi R8を見てみたいですか?iPadのホームボタンとスリープボタンを一緒に押してR8の写真を撮影してみてください』と表示されます。
※iPadやiPhoneでホームボタンとスリープボタンを同時に押すと、スクリーンショットが撮れる機能がありますが、今回の施策ではその特性を活かした仕様です。

右下のボタンを押すと撮影タイムがスタート。

道路の左から猛スピードでaudi R8が疾走してきますので、“ココだ”と思ったタイミングでホームボタンとスリープボタンを一緒に押してスクリーンショットを行います。

上手く車体をスクリーンショットできなかったと思ったら、右下に表示される「Try again」のボタンで再度挑戦ができます。

これを何度か繰り返すと、ポップアップで『audi R8がちゃんと撮影できたかどうか、フォトアルバムでチェックして見て!』と表示されます。

実際に自分のフォトアルバムを除いてみると、スクリーンショットした瞬間の画像を確認できます。

しっかりと車体が写っていなかったスクリーンショットには、“You need to practice more. Try again.”というテキストが表記されています。

見事車体がフルに写っているタイミングでスクリーンショットされた写真の上部には、“New Audi R8. Audi’s design and technology,at 320km/h”と表示されているという仕掛けが施されていました。

お気づきかもしれませんが、この企画で何が凄いかというと、「audi R8の広告イメージを、一度見て終わらせるのではなく、ユーザーのフォトアルバムに残せる」という点ですね。

iPadの特性を活かした秀逸なインタラクティブ広告でした。

iPadを活用した広告に関心のある方は下記記事もご覧ください。

iPadユーザーが一瞬凍りつく、デバイス特性を最大限活かした電子雑誌のインタラクティブ広告
iPad利用者の心理を逆手に取った、腹落ち感がハンパないタブレットアド
“傷の痛みを忘れさせてくれる” バンドエイドの心躍るARプロモーション
高級車ブランド「レクサス」、iPadと重ねることで真価を発揮する超絶クールな雑誌広告
ゲームを体験することで“乳がんの自己診断プロセスをマスターできる” iPad広告
“フィットネスの効果を疑似体験させる”電子雑誌のインタラクティブ広告
iPadの特性を最大限生かした、家庭内暴力反対を訴えるインタラクティブ広告
iPadをかざすと美女&イケメンの下着姿が見られるアプリ

世界各地で実施されたaudiの斬新な広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

audiの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/audi_r8_screenshot