Case:Duct Tape Digital

世界中で使用されている多用途補修テープ(ダクトテープ)ブランド「スコッチ」のスマートフォンを使ったユニークなプロモーションアイディア、その名も『Duct Tape Digital』。

以下のように様々なものを補修する際に使われるダクトテープですが、

この企画では、『デジタルな補修』ができるというコンセプト。

どういうことかというと、スマートフォンの画面に“ヒビ”が入ってしまった時に、専用アプリを起動した上で“ヒビ”部分に“デジタルテープ”をつけると、本来ヒビが入った位置に表示されるはずであったデータが別位置に移行するという仕掛け。

例えば【End Call】が表示される位置にヒビが入ったので“デジタルテープ”で補修すると、下記をご覧の通り表示位置が上部に移行して、ユーザーは操作をするにあたってヒビのせいで見づらい、ということがなくなる利点があります。

さらにアプリが並んで表示されているホーム画面でも、“デジタルテープ”をつけると同様に見づらくないようにその位置にアプリが表示されないようになるという仕掛け。

何でも補修してしまうダクトテープのイメージをデジタル領域まで広げて、新たな顧客接点を持ち、ブランディングに繋げようとするアイディア。面白いですね~~。

動画はコチラ

参考サイト

・Ads Of The World
http://creativecriminals.com/mobile/scotch-duct-tape-digital/