Case:Meltdown

ドイツの子供向け科学雑誌「GEOlino」による、読者である子供たちに地球温暖化問題について実体験を通じて理解してもらうための一風変わったプロモーション。

ターゲットが子供ということで、子供が大好きな“ボードゲーム”を氷で作れてしまう特別キットを雑誌の付録にします。氷でボードゲームを作り、みんなで遊んでいるうちに“溶けてしまう”という仕掛け。

ボードゲームのパーツを作るために型に水を入れて、冷凍庫で凍らせて準備完了。

ボードゲームの内容は、サイコロを振って白クマの家族を氷が溶ける前に、浮氷塊から安全な場所であるボードの真ん中の大陸まで連れて行くこと。

以下の状態が白クマの家族を無事大陸に連れていけた状態です。

家庭や学校などでみんなでワイワイ楽しみながら、北極で氷が溶けていっているという事実、対応にグズグズしていると間に合わなくなってしまうという事実を学べるというコンセプト。


子供がボードゲームで楽しみながら、社会問題について学ぶことができるユニークな試み。
クリーンエネルギーの先進国であるドイツらしい取り組みでした。

動画はコチラ

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/ambient/geolino-meltdown/