Case:Outdoor Fitting Room

大手ヘルメットブランド「Nutcase」によるユニークなアウトドアプロモーション。
プロモーションの狙いは、“格好悪いからといってヘルメットを着用したがらない今時の若者”に、ヘルメットを着用することに対する認識を少しでも変えてもらうことです。

同社はコペンハーゲンの街中の至るところに設置されている交通標識のポールを使って、ヘルメットの『屋外試着室』を作りました。ただ、試着室といっても普通の試着室とはかけ離れた以下のイメージです。

このヘルメットを(体を横に傾けて)かぶった状態で、写真を撮影して同社のFacebookに投稿すると、無料で新品のヘルメットが当たるキャンペーンに参加できるという企画です。


街中にこんなヘルメットがあったら確かに目を奪われそうです。
「ヘルメットをかぶっていればこんな風に電柱に思いっきり頭をぶつけても怪我しませんよ」ということを示唆する企画なのかもしれません。

動画はコチラ

参考サイト

・The inspiration room
http://theinspirationroom.com/daily/2013/nutcase-outdoor-fitting-room/#.UTMdD6JSh11