Case:AMG Christmas 2012

メルセデスベンツの高性能車開発部門、AMGが制作したクリスマス用のコマーシャルフィルム。
AMGのレーシングカーで日本のスーパー耐久でも活躍中の「SLS AMG GT3」のエンジンを使ったユニークな企画。

AMGのメカニック達が「SLS AMG GT3」のエンジンを覗きこみながら、何やら作業をするところから映像はスタートします。これから起こりうる期待感で4人ともワクワクした表情を浮かべています。

「ヨシ!準備は万端!」とばかりに、ボンネットをしめてドライバーとサインを交わすメカニック。

暗い中を「SLS AMG GT3」はレーシングコースを疾走し始めます。
メカニックからドライバーには、「今、180度になったぞ」、「もっと温度をあげよう」といったスピードではなく、『熱』に関するアナウンスや指令が飛びます。

指令を聞いてエンジンを加速させるドライバー。

コースを一周して整備位置まで車が戻ってくると、メカニック4人が今や遅しと待ちかまえています。

彼らは嬉々とした表情ですぐさまボンネットを開きます。
するとそこには、エンジンの上で丁度よく焼き上げられたクッキーが置かれています。

クッキーを食べて、出来に満足そうなメカニック達。ラストはドライバーとも一緒にささやかなクリスマスパーティーを開く様子が映し出されて、フィナーレを迎えます。

レーシングカーのエンジンを使って、クリスマスでみんなで食べるためのクッキーを焼いてしまうという企画。
見ている人の心を和ませくれる素敵なストーリーのクリスマスフィルム。

言うまでもなく、「SLS AMG GT3」は世界一高価なクッキーオーブンでしょうね。

世界各地で実施されたメルセデス・ベンツの秀逸な広告に関心のある方は下記もご覧ください。

メルセデス・ベンツの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

・psfk
http://www.psfk.com/2012/12/mercedes-car-engine-baking.html