Case:Before After

ケニアにある痩身専用のフィットネスジム「Power Vibe Studio」のアンビエントプロモーション。

施策背景

同社はジムで運動に励むことによる痩身効果を広告を通じてアピールしようと考えていたものの、モデルを使ったよくある「Before(太っていた頃の姿)」と「After(運動をして痩せた姿)」を各種媒体で発信しても、フォトショップ全盛のこの時代では、消費者には信じてもらうことができず、効果的な訴求はできないと捉え、全く新しい案を企画。

施策内容

媒体を通じて「Before-After」を表現するのではなく、太った女性と痩せた女性2名を起用し、実世界において「Before-After」を表現するという企画。

採用した2名は体型以外、顔立ちがかなり似通っている点がポイント。
彼女たちにはそれぞれ「Before」と「After」という文字が大きく背中部分にプリントされたTシャツとレギンス、スニーカーを着用してもらい、繁華街を練り歩いてもらいます。

なお、痩せた女性が着用するTシャツの「After」の文字の下には、『Power Vibe Studio – Build the difference』と記載してジムのPRを行いました。

結果

この試みは道行く人から多数の反響を得るとともにとともに、各種メディアでフリーパブを数多く獲得したそうです。
その結果、わずか数日間で新規会員数は何と35%も増加しました

思わず笑ってしまう企画。
「Before」Tシャツの太った女性が痩せることで、本当に「After」Tシャツの女性になってしまうと思わせるほど、彼女たち2名の背丈や顔立ちを似通わせた点が成功の秘訣だったのかもしれませんね。
アイディアと実行力の両方すごい!

参考サイト

・Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/power_vibe_studio_before_and_after