Case:Pigeon jazz

今年8月にヨハネスブルクで開催予定のジャズフェスティバル、「Standard Bank Joy of Jazz festival 2012」を告知するためのアンビエントプロモーション。

プロモーションコンセプトは『ハトによるジャズアンサンブル(合奏)』

人通りが多く、ハトが多数集まる広場にジャズ演奏のためのドラムやギターといった楽器を一通り設置します。
そしてハトの餌となる植物の種やポップコーンを楽器の上にふんだんにばら撒き、準備は完了。

後は群がった大量のハトがエサをついばんだり、チョコチョコと動いたりすることで世界に一つのジャズアンサンブルを奏でるという仕掛け。


かなり異様な光景に見えますが、通りかかった市民はこの様子と演奏に興味津々だったようです。

フェスティバルの名前でもある“Joy of Jazz(ジャズの楽しさ)”を奇抜な演出で表現しようとすると同時に、
数ある音楽ジャンルの中でも“ジャズ”の最大の特徴といえるアドリブ(即興演奏)を、『自由すぎるなハトの演奏』を通じて訴えようとしているようにも感じました。

常人には到底真似ができない意表をついた企画でした。

動画はコチラ

参考サイト

・YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=0BFrMOtO4Hs&feature=player_embedded