Case:Fastest purchase

スポーツブランドPUMAが手掛けた未だかつてないユニークな店内プロモーション。

同社は、“人類最速の男”、ウサイン・ボルト氏を広告キャラクターに起用していますが、そんな「最速」というイメージを強化するために仕掛けたのが今回の企画、「Fastest purchase」

今回のプロモーションでは同社が現在、『世界で最も早く走ることができるランニングシューズ(※ウサイン・ボルトが履いているシューズ)』として売り出し中の「FAAS」シューズを『誰よりも早く店頭で買いましょう!』とお客さんに投げかけるという主旨になっています。

この企画は店舗のエントランス付近に設置された専用ボタンをお客さんが押すところからスタートします。
ボタンを押すとボルト氏が描かれたパネルの口から、その時の時間が記載されたチケットが吐き出されます。

お客さんは店内で迅速に自分にマッチするシューズをセレクトして、購入時にレジにて再びボタンを押すと、「入店してから靴を購入するのに要した時間」がわかり、その時間の長さによって割引特典が決まるという企画です。

具体的には3分以内だと20%OFF、4分で15%、5分で10%、10分だと5%OFFになるというように、顧客にとっては靴を選ぶのが早ければ早いほど割引率が大きく、お得になるという仕掛けです。

こちらの企画は大勢のお客さんに大好評だったそうです。

単なるプロモーションという意味だけでなく、
店内における『お客さんの回転率を高める』手法として一つの可能性を感じました。
加えて、『お客さんが商品を迷う・検討する時間を意図的に短くさせることにより、最終的な購買決定の確率を高める』仕組みとしても応用可能だと思いました。

このボルト氏が描かれたパネル&ボタンデザインもインパクト大でいい感じです!

世界各地で実施されたPUMAの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
PUMAのクールな広告/プロモーション(まとめ)

アイディアが光る「割引プログラム」に関心のある方は下記もご覧ください。
目の付け所が秀逸な世界の割引プログラム(まとめ)

動画はコチラ

PUMA FAAS – The World´s Fastest Purchase from circus channel on Vimeo.

参考サイト

・Adverblog
http://www.adverblog.com/2012/04/23/puma-fastest-purchase/
・circus
http://www.circusmarketing.com/?work/1/detalle/item_81