Case:Pinterest corporate site

大人気ソーシャルメディア『Pinterest(ピンタレスト)』をマーケティングに活用しようとする動きが世界的に増えてきていますが、本日は企業ホームページ(コーポレートサイト)を『Pinterest(ピンタレスト)』で制作した、オーストラリアのデジタル領域に特化した広告代理店「Holler Sydney」のケースをご紹介します。

下記が今回世界で初めてPinterestで制作された同社のコーポレートサイトです。

ご覧の通り、広告代理店のコーポレートサイトに必要な要素がボードごとに整理されています。
「Some Work」(実績)や「Clients」(顧客)といった各カテゴリ(ボード)をクリックしなくても、トップページから大枠の内容(中身)が直観的に把握することができるようになっている点が特長です。

続いて各ボードの中身を見ていきます。
下記は「企業概要」にあたる「This is Holler」のコンテンツです。

ここで上手いと感じた点が、
画像だけでは伝えきれない企業情報、メッセージについては、映像コンテンツもピンすることにより、効果的に情報発信を行っているという点です。
(※Pinterestでは写真や画像だけでなく映像コンテンツもピンすることができます)

その他、彼らの実績紹介ボード(「Some Work」)でも、細かな説明を一切用いず、Pinterestの特性を生かして画像と一言コメントだけで表現しています。
こちらのボードでも一部動画をアップしているようです(左上のHeinekenのケース)。

今回同社がこのような形でPinterestでコーポレートサイトを制作したのは、PRの意味合いだけでなく、自らがPinterestを使いこなすことで培った知見とノウハウを、クライアントのプロモーション等に反映することを意図してのものだそうです。

同社のデジタルコミュニケーション領域における専門性の高さと、フットワークの軽さを感じさせてくれる取り組みです。
見慣れたコーポレートサイトとは一味違った“スタイリッシュ”な雰囲気を演出しています。Pinterestを使ったコーポレートサイトは今後増えるかもしれませんね。

Pinterestのプロモーション事例に関心のある方は下記事例もご覧ください。

*ホンダのPinterestキャンペーン “Pinterestからちょっと離れて、外で楽しもうよ!”(USA)
*Pinterestとの“相性が必ずしも良くない企業”による、今のところ最も成功したPinterestキャンペーン(イスラエル)
*米ファッションブランドによるPinterestを活用したコンテスト型キャンペーン(USA)
*イギリスの航空会社によるPinterestを活用した実験的プロモーション(イギリス)

参考サイト

・Adverblog
http://www.adverblog.com/2012/04/16/first-agency-on-pinterest/
・Hello, we are Holler
http://pinterest.com/weareholler/