Case:Timetable

マクドナルドがワルシャワ中央駅で仕掛けた『電車の時刻表』を活用したユニークな広告。

下記が、同社が駅構内に設置した電子時刻表です。

こちらの時刻表の何がユニークかというと、通常の電車の時刻表の隣に、現在の時間から該当する電車が発車するまでの時間内で、食べられるマクドナルドのメニューを表示しています。
人によって飲食にかかる時間は異なりますが、十分な時間(enough time to eat)で算出しているようです。

当然発車までの時間が先の電車ほど、食べられるメニューは多く表示されます。

ちなみにこの時刻表には「マクドナルドはこちらに50メートル」という標識もつけられており、恐らく店舗まで歩いて行く時間も考慮して算出されていると思われます。

何でもメディアになるということを証明する企画。『おっ、まだ時間あるから、マック食べて行こうか!』という会話も聞こえてきそうな広告。
この遊び心、ハンパないです!

世界各国でマクドナルドが手掛けたユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

マクドナルドの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/media/mcdonalds-timetable/