Case:Mercedes-Benz billboard

自動車の排気ガスによる大気汚染が深刻な社会問題になっている南アフリカにて、メルセデス・ベンツが取り組む最先端の環境テクノロジー『BlueEFFICIENCY』を市民に訴求する屋外看板広告。

ヨハネスブルクの交通量の多い道路付近に設置されたこちらの看板広告は、一見すると下の方にブランドロゴと『BlueEFFICIENCY』のロゴだけが小さく掲載されたホワイトボードのように見えます。

「何これ?」という感じですが、こちらの真っ白な看板の表面には特殊な加工がなされており、日が経つにつれて、文字が浮かび上がる仕様になっています。

自動車から吐き出される排ガスが事前に処置を施した文字部分を除いて、徐々に表面を汚していく仕掛けです

浮き上がってきたメッセージには、
「If more cars had BlueEFFICIENCY, you wouldn’t be able to read this.」
= もし多くの自動車がメルセデスの『BlueEFFICIENCY』技術を導入していれば、あなたはこの文字を読むことができなかっただろう。。と記されています。
(環境に配慮した自動車に乗っていないドライバーの存在を思いっきり皮肉る表現です)

すなわち、メルセデス・ベンツの『BlueEFFICIENCY』が広まれば、言い換えると、「メルセデス・ベンツを選ぶ良識のあるドライバーが増えれば、ヨハネスブルクの空気は今よりずっと綺麗になるんですよ!」、と訴えています。

こちらの取り組みはヨハネスブルクの市民の間で、ネットやラジオで非常に話題になったそうです。

センスあふれる企画ですね。面白い!

世界各地で実施されたメルセデス・ベンツの秀逸な広告に関心のある方は下記もご覧ください。

メルセデス・ベンツの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

・YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=IvVrJxqi5_Y&feature=player_embedded
・BlueEFFICIENCY
http://special.mercedes-benz.co.jp/BLUE/