Case:Cinema Zombie

ゾンビによる世界の終末後の物語を描く、米人気テレビドラマ「The Walking Dead」の新シーズンを告知するゲリラプロモーション。
今回のプロモーションの舞台は映画館。

何も知らされずに、本編の上映前に『恋愛ドラマの予告編』に視線をやりながら、リラックスする観客たち。

予告編も中盤に入るところで、一体のリアルなゾンビが映画館内に侵入し、観客を驚かせはじめます。
ゾンビに気付き悲鳴をあげる若い女性の姿もちらほら。

よくある映画館内にスタントが入るゲリラプロモーションかと思いきや、本当の見せ場はここからです。

階段を下りてきて徐々にスクリーンの方に近づいてくるゾンビ。

そんな血に飢えたゾンビの姿などお構い無しに、恋愛ドラマの予告編では、二人の男女によるクライマックスが繰り広げられていくかと思いきや、、、

突如出演している女性が拳銃を手にし、スクリーンの外にいるゾンビに狙いを定め、銃弾を発射します。

大きな銃声が轟くと同時に、銃弾に撃たれ奇声をあげてその場にうずくまるゾンビ。

「何が起こったのか」と唖然とした様子の観客たち。

その後、スクリーンには「Life goes on again.」(また人生は続く)という意味深なメッセージの後に、
「The Walking Dead」の新シーズンの簡単な予告編を流してネタバラシをするという流れ。

観客の皆さんはここでようやくプロモーションの主旨がわかり、館内は大きな歓声に包まれました。

スクリーンの「中」と「外」を連動させるという発想が何とも大胆ですね。
こういうサプライジングな企画は、ただ斬新というだけでなく、観衆の印象にも強く残りやすいと思います。
素晴らしいプロモーション。

動画はコチラ

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/ambient/the-walking-dead-cinema-zombie/