Case:Check-in

HIVの予防を促すプリント広告。
ランジェリー姿の女性の開かれた股間に、foursquareなどの位置情報サービスでお馴染みのチェックインマークが据え付けらているというクリエイティブ。

この奇妙な写真の右隣には、“Matti Virtanen and 19 others were here.”
(Mattiとその他19人の男性がここにチェックインしたことがあります)
と記載されています。

このクリエイティブを通じて、『今まさにあなたの眼前にいる女性には、こんな過去(= あなたの見知らぬ男性との数多くの性交経験)があるかもしれませんよ!だからコンドームをつけて自衛しましょうね』と示唆しているようです。

メッセージの中の“19 others”となっているところが、『あなたの知らない誰か』という微妙なニュアンスを上手に演出しています。まさにそれこそが“HIVにかかるリスク”ですからね。

合わせて、自分の友達・知人(今回の場合はMatti Virtanenさん)がチェックイン済みというのも別の意味でショックは大きそうです。

この広告表現に批判の声もあるでしょうが、「HIV予防」という重苦しく、かつ、様々な広告表現で言い尽くされてきたテーマを、流行りの位置情報サービスを当たり前のように生活の一部として使いこなす『デジタルネイティブ』の思考に即して、自分事として捉えさせようと働きかけたメッセージ&クリエイティブに個人的には感心しました。斬新ですね!

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/print/hivaids-check-in/