Case:With Immediate Effect

皆さんは街頭で募金活動が行われているのを目にした時、もし『自分の寄付したお金で具体的にどんな効果があるのか』が“その場で即座に目にすることができる”としたら、寄付をするモチベーションが高まりませんか?

本日紹介するアフリカの恵まれない子供たちを支援する団体「African Angel」のドネーションプログラムは、「寄付の効果をその場で本人に見せる」ことをコンセプトとして設計されています。

同団体は2011年「World Children’s Day」(国際子どもの日) に、街頭で寄付金を募るためにユニークなポスターを制作しました。
このポスターにはアフリカで貧しい生活を余儀なくされ、無気力な様子で佇む子供の姿が描かれています。

このポスターで確かに「可哀そうな子供」と思わせることはできるかもしれませんが、それのどこが“ユニーク”かというと、市民が硬貨(コイン)でこのポスターの表面をこすると、徐々に表面の用紙が削れていきます。

削った用紙の下からは、綺麗な教室の中、黒板の前で素敵な制服に身を包んだ笑顔の子供の姿が現れます。

「あなたが今手に持ってポスターをこすっている硬貨を寄付してもらえると、”この子”の未来はこんな素敵なものになるんですよ!」とコミュニケートしているようです。

このドネーションプログラムには更なる仕掛けがあります。

携帯電話の画面に写ったポスターのイメージを市民が指でスクラッチすることで、同様に『寄付することによる効果』があらわになります。

今回のプロモーションの結果、効率的に寄付金を集めることに成功しただけでなく、同団体のホームページへの訪問者数は70%増加したそうです。さらに、集まった寄付金でアフリカで新しい学校(クラス)も建てられたそうです。

興味津々でポスターをこすっている市民の様子が印象的でした。
これは本当に素敵なアイディアですね。

動画はコチラ

参考サイト

・YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=MQiDydjwpqU