Case:KickFlip

ゼネラルモーターズの新型コンパクトカー“シボレー・ソニック”のアウトドアプロモーション。

有名スタントドライバーのRob Dyrdek氏が“シボレー・ソニック”に乗車し、大勢の観客の目の前で『一回転ひねりジャンプ = “Kickflip”』を披露するという企画。

この模様をおさめた動画は12月18日の公開から数日足らずで、既に約40万回の再生に至っています。

これまでも“シボレー・ソニック”のプロモーションでは、『バンジージャンプ』企画特設サイトのボタンをユーザーがクリックする毎に、シボレー・ソニックの車体が少しずつ前にせり出して行き、最終的にバンジージャンプするというもの)をおこなったり、

アリゾナ州の砂漠の上空で、シボレー・ソニックの車体を『スカイダイビング』させるというプロモーションを行っています。

“シボレー・ソニック”のブランドコンセプトが『型にはまらず、常識にとらわれない、自由なクルマ。』ということで、それを象徴するかのように、どのプロモーションも一般的な自動車プロモーションの枠にとらわれない非常識な企画が特長になっています。

どのプロモーションもプロモーション動画の再生回数で判断すると、上手く宣伝できているようです。

参考サイト

・Creative guerrilla marketing
http://www.creativeguerrillamarketing.com/viral-marketing/chevy-sonic-builds-campaign-stunts-viral/