Case:Xmas racing

本日はオーストラリアのデジタルに特化した広告代理店「Visual Jazz」が手掛けたセルフプロモーションを紹介します。

同社は顧客や取引先といった各種ステークホルダーに向けて、一風変わったクリスマス・プレゼントとして、ネット上で楽しめる「3Dレーシングゲーム」を制作しました。ゲームのコンセプトは、ニヤッと笑える『暇潰し』です。

このレーシングゲームのユニークな点は、レースの舞台が「Visual Jazz」の本社オフィスを忠実に3Dで再現しているという点です。
ユーザーはドライバーとなって、「Visual Jazz」のオフィス内の各部署(アカウントサービスやクリエイティブなど)の様子を眺めながら、ゴールまでのタイムを競うことができるようになっています。

コース内にあるアイテムをとるとスピードアップしたりもします。

そして豪快なジャンプも楽しめたり、ジェットコースターのように逆さまのコースも疾走できます。

ちなみにオフィシャルサイトではランキングトップ10まで表示されるようになっています。サイトはコチラ

なお、このゲームの参加にあたっては、ユーザーはネット上でUnityをダウンロードする必要があるそうです。

自社の強みをとてもユニークな手法で表現しています。
遊び心とそれを具現化する技術力が同社の強みのようですね。面白い!

広告代理店によるクリスマスに絡めたプロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

*Twitter × サンタクロース = Twanta.com(Lowe Roche・カナダ)
*広告代理店制作のiPhone Christmas アプリ(Ogilvy・UK)

動画はコチラ

参考サイト

・adverblog
http://www.adverblog.com/2011/12/20/race-through-the-agency/