Case:Text messaging while driving

スウェーデンの交通安全を啓発する団体「NTF väst」による、『自動車運転中にスマートフォンの操作を行うことがいかに危険か』を市民に訴えるためのプリント広告。

広告タグラインは、“Text messaging while driving is equal to a blood alcohol content of 0.15 percent.”(運転中にテキストメッセージをうつことは、血中アルコール濃度0.15%に相当するほど、判断力が落ちます)
*血中アルコール濃度0.15%は酒気帯び運転の基準値とされています。

iPhoneのテキストメッセージ画面に、自身のメッセージを示す緑の吹き出しが「ワインボトルの形」になっているというクリエイティブ。
更にそのテキストが「No problemsh」という誤字になっているというもの。誤字を用いてあたかも酔っ払いのようにろれつが回らない点を示唆しているようです。
時代に即した巧妙なクリエイティブですね。

その他のバージョンは下記をご覧ください。「shoon」と「Absholutely」。

スマートフォンのインターフェイスに着想を得た広告に関心のある方は下記もご覧ください。
スマホのインターフェイスを活かした秀逸な広告(まとめ)

参考サイト

・I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2011/11/ntf-vast-problemsh-comingshoon-absholutely/