Case:The Social Flight

本日は広告専門学校「Miami Ad School」の学生が航空会社「Virgin」に向けて考案した、ユニークな『オンライン航空券予約サービス』をご紹介します。

企画背景

多くの人が旅行で乗った飛行機の中で、はじめて出会った周囲に座っている人に気軽に声をかけられずに、長い空の旅を『ぎこちない沈黙』に費やすことが一般的です。
この『ぎこちない沈黙』『周囲の人と気軽に話しを楽しめる空の旅』に変えることが企画の狙いです。
※一人旅を想定しており、強制ではなくあくまでも『気軽な会話を望む人』が対象です。

施策内容

飛行機に乗る前に、自身の座席の周囲に座る人の最低限の個人情報がわかったり、その人とチャットができるというアイディア。

まず、航空券のオンライン予約の段階で、「自身の座席の周囲に座る人と繋がれるようにします。」という項目にチェックを入れるか決めます。

そこでチェックを入れると、「自身の顔写真や名前、年齢、誕生日、居住地やその他の自身が入力した情報」について、周囲に座る予定の人が予約段階で閲覧できるようになります。
気になる人がいれば、ワンクリックでチャットをすることもできます。出会い系っぽいですね。

飛行機に乗る前に周囲に座る人とアイスブレイクができるというアイディア。
アイスブレイクを済ませている(最低限の個人情報を把握)から、飛行機の中でも会話が割と弾むということのようです。

‘飛行機で初めて会った人と気軽な会話を楽しみたいけど、普通に声をかけて楽しい話を続けられるほど社交的ではない人’
       
さらに、‘プライバシーを全く気にしない人’ がかなりの数存在するという前提に立てば、有効な機能だと感じました。

『出会い系航空会社』って呼ばれそうで実際の導入は勇気がいりそうです。

参考サイト

・Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/online/virgin_the_social_flight