Case:Election Poster Skate Attack

スケートボードメーカー「Alis」による『選挙ポスター』を使ったプロモーション。(選挙期間中街中に数多く貼られた候補者の『選挙ポスター』を使ったコミュニケーションです)

プロモーションの狙いは、政治に全く関心のない層(若者)である『スケートボーダー』に、『選挙ポスター』を使って有効なコミュニケーションを図ることが狙い。

日ごろ関心の乏しい選挙ポスターをあえてプロモーションに活用することで、意外性を持たせることにより、一般的なプロモーションよりもターゲットへの興味喚起を増幅することを意図していると思われます。

プロモーションの流れは以下の通りです。
まず、街中にある選挙ポスターを撮影します。

その後ポスターとは別途、撮影スタジオでスケートボードを手に持った男女の“顔から下部分”を撮影します。

PCのフォトショップを使ってスタジオで撮影した画像を、各選挙ポスターの顔から下部分に丁度ピッタリはまるように加工します。その上でそれをプリントアウトします。

印刷したものを街中にある選挙ポスターの下部分に貼り付けていきます。

そして出来上がったポスターが下記です。
あたかも候補者たちがスケボーが大好きなように見えます。

追加で貼り付けたポスターの部分には、“候補者のアジェンダ”として「もっとスケートパークを作ります!」と明記されていました。

洒落っ気があって楽しいアプローチ。
日本でやったら多分どこかから怒られますよね。。

動画はコチラ

参考サイト

・Creativecriminals
http://creativecriminals.com/ambient/alis-skate-attack/