Case:White roof

本日は世界的な環境保護団体「Greenpeace」のプリント広告をご紹介します。

一般的に地球温暖化を抑制することが、環境保護にとっては重要な課題と言われていますが、我々が住む家の屋根を“白色”にすると、太陽光線を効率的に反射して、その結果『大気中の気温の上昇を抑え、温暖化の防止』に役立つそうです。
※我々が居住する都市部で1度気温が下がると、北極や南極では3度気温が下がることに相当するそうです。

今回のクリエイティブでは、温暖化を食い止めることで絶滅から救うことができうる、北極や南極に生存する動物たちを、(上空から撮影した)白い屋根で表現しています。

こういう風に屋根を白色にするという皆さんの小さな取り組みにより、北極や南極で氷が解けるのを抑えられ、そこに生きる動物たちを助けられるんですよ、と表現しています。

ナイスなクリエイティブ!
難しい言葉ではなく、(温暖化防止に効果を発揮するといわれる)「白い屋根」のイメージを使って、絶滅危惧種の姿かたちを表現することで、直観的にメッセージを腹落ちさせています。

環境保護に関心のない人にも「なるほどね!」と思わせられる作品だと感じました。

世界各国で実施されたGreenpeaceの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
Greenpeaceの刺さる広告(まとめ)

参考サイト

・I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2011/09/greenpeace-white-roofs-polar-bear-white-roofs-arctic-fox-white-roofs-arctic-hare/