Case:Fashion Shoot

大手洗剤ブランド「Ariel(アリエール)」がスウェーデンで展開したゲーム性のあるプロモーション「Fashion shoot」。

「Ariel」は8/29~9/3の期間中、ストックホルムセントラルステーションの待合スペースに『特殊なガラス製のショーケース』を設置。

この『ショーケース』の中には、自動で動くレールハンガーとそれに吊るされた白い衣類、さらに緑色のキャノン砲が置かれています。

プロモーション(ゲーム)の内容は、レールハンガーの前に置かれた、ケチャップ・チョコレートドリンク・リンゴンベリージャムの3種類の玉が込められた『キャノン砲ロボット』で、真っ白な洋服(合計1000枚)に一般ユーザー自身が“汚れ”をつけていくというもの。

このゲームのとってもユニークな点は、『キャノン砲ロボット』を操作するのが現場(駅)からではなく、インターネット上の「Ariel」のFacebookページから北欧に住む人の誰でも参加できるという点。
※現場にある『キャノン砲ロボット』と『Facebookページ』は特別仕様のシステムで連携されています。

ユーザーはFacebookページから、好みの(白い)洋服に狙いを定め、制限時間内に見事汚れをつけるとゲームの勝者となり、その洋服は現場で即座に「Ariel」で洗濯され、後日ユーザーのもとにプレゼントとして届けてくれるそうです。

『Arielを使えばケチャップなどのしつこい汚れでも綺麗に落ちるので、プロモーションの特典としても問題なく使えるんですよ。安心してもらってくださいね。』ということをコミュニケートしているようです。

リアルとデジタルの融合として興味深いケース。

北欧諸国ではFacebookの普及率が全人口の46%、インターネット利用者の52%にものぼるそうで、そのような前提を鑑みた上で、Facebookを活用することで参加者の地理的・物理的な制約を極力無くしています。

さらに、リアルと連動させることにより、現場(駅)で実際にこの光景(ショーケース内の模様)を見た市民からの“濃いバズ”を誘発させようとしているようです。

ただ面白いだけでなく、『衣類を白くする』という訴求ポイントをエンターテインメントとして伝達できている点が素晴らしいと思いました。

動画はコチラ

「Facebookとリアル」のユニークな連動ケースに関心のある方は下記もご覧ください。

・ 女性ファッション誌 Facebookと紙面を連動
・ ビールの蓋をあけるだけで友人を招待できる栓抜き
・ コカ・コーラ 夏の思い出を“ホットなまま”共有できる『フェイスルック・マシーン』
・ ディーゼル 試着室とFacebookをリンク

参考サイト

・Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/online/ariel_fashion_shoot