Case:Blippar App

本日はイギリスの菓子メーカー「キャドバリー」が販売する、人気チョコレート菓子「Cadbury Spots v Stripes」の世界初のユニークなプロモーションをご紹介します。

キャドバリーはARアプリ開発企業のBlippar社の協力のもと、一般消費者が「Cadbury Spots v Stripes」のパッケージをスマートフォンを使って、“拡張現実世界を認識して”プレイできるゲームを開発しました。

この世界初となる「パッケージARゲーム」の楽しみ方は以下の通りです。

まず、スマートフォンユーザーは画像認識アプリ「Blippar」をApp storeまたは、アンドロイドマーケットでダウンロードします(無料)。

続いて、ダウンロードした「Blippar」を起動して、「Cadbury Spots v Stripes」のパッケージを写真を撮影するようにディスプレイに表示させます。

そうすると、拡張現実の世界がディスプレイに投影されます。

そして、ディスプレイにARで表示されている「STRIPE」マークをタッチするとゲームがスタートします。

ゲームの内容を簡単にいうと、「モグラたたき」です。
「Cadbury Spots v Stripes」のキャラクターである“縞模様のアヒル”がパッケージのあちこちから飛び出してきますが、制限時間内にこのアヒルを親指でタッチした回数(得点)を競うというゲームです。

最後に得点が表示されます。TwitterやFacebookにそのまま投稿できるボタンもあります。

ゲームができるパッケージって嬉しい驚きですね。
最先端の商品パッケージとして大きな可能性を感じました。素晴らしい発想。

世界各地で実施されたキャドバリーのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
キャドバリーの愉快な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

ユニークなパッケージデザインに関心のある方は以下ページもご覧ください。

世界のユニークなパッケージデザイン15選

参考サイト

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=TtnNgRSu4gE&feature=player_embedded