Case:Scratch the ad

本日は水虫治療薬の一風変わったプリント広告をご紹介します。

ブラジルで一般市民がよく使用している水虫治療薬「Vodol」のスクラッチ型(銀紙部分を削ることではじめてメッセージが伝わる)の広告です。

この広告には銀色の足型の上部に『Scratch it.』(削ってみて)という文字が記載されています。
このままだと何の広告かさっぱりわかりませんよね。

『Scratch it.』の指示の通り、銀色部分を爪を使って削ってみますと、

水虫治療薬「Vodol」のパッケージとともに、『水虫が原因で足の裏をかくのはやめましょうね。Vodolを使えばやめられますよ。』というメッセージが表れるという仕掛け。

スクラッチした後のメッセージだけでなく、ターゲットが「スクラッチする行為」(プロセス)を通じて、メッセージを浸透させるクリエイティブ。

水虫治療薬にマッチした、ユニークかつ効果的なアイディアだと思いました。素晴らしいです!

参考サイト

・buzzilablog
http://www.buzzillablog.com/2011/07/scratch-that-ad.html