Case:2011 Calendar

海を愛するサーファーの立場から環境保護を訴える「サーフライダー・ファウンデーション」が制作したカレンダーをご紹介します。
 

「サーフライダー・ファウンデーション」では毎年、海洋の環境保護をテーマとしたカレンダーを制作していますが、今年2011年版は、“2010年4月に大惨事となったメキシコ湾原油流出事故”について、人々の記憶に深く刻み込むことをコンセプトに据えたカレンダーを制作しました。
(同じ過ちを企業や国家が起こさないように、という切なる想いが込められています)

美しい女性がビーチにて着用する水着を、『原油』を想起させる黒っぽい液体で描くというクリエイティブ。
1月~12月まで様々なポーズでアピールしています。

水着部分以外はいたって普通の美女のカレンダーとなっていて、押しつけがましくなく、自然と“刺さる”クリエイティブが見事です。
(制作サイドとしては“それ”が狙いというわけではないでしょうが、このカレンダーを見て『原油憎し!』(≒環境保護は大事だ!?)と思う男性がいたかもしれませんね。)

参考サイト

・Buzzilla’s Blog
http://www.buzzillablog.com/2011/07/sexy-surfrider-calendar.html