Case:Augmented Reality Advergame

中国市場に最も古くから参入している自動車メーカー「フォルクスワーゲン」主催の自動車レース「Scirocco Cup」の中国国内におけるアンビエントプロモーション。

このプロモーションのコンセプトは『Augmented Reality Advergame』(≒ 拡張現実世界におけるゲーム要素のある広告)というもの。

中国国内で一番人気の自動車雑誌に、自動車のハンドルを模した特注の付録を付けた。
読者はこの特注“ハンドル”を使用することにより、「Scirocco Cup」のAR版(拡張現実版)に参戦できるという仕掛け。

この付録の楽しみ方は、まず読者が「sciroccocupchina.com」サイトにアクセスして、ウェブカメラの前で“特注ハンドル”を持つことで、自身がAR世界で運転する自動車のカラーをセレクトできます。

続いてコースをセレクトします。実際の「Scirocco Cup」と同じレース場の中から“特注ハンドル”を回してコースを選べるようです。

そして準備ができたらレースをスタートします。
“特注ハンドル”を巧みに操ることでレーシングゲームが楽しめるようになっています。

このプロモーションの結果、目標の2倍となる5万人以上の人がこのARレースを体験したそうです。

本物のカーレースの迫力とは比べるべくもないでしょうが、こういった体験ができるのは楽しいですよね。

雑誌の付録は日本でも女性誌などで企業タイアップを前提として趣向を凝らしたものが多々ありますが、こういった最新テクノロジーを活用した体験型の付録は、“趣味系の雑誌”で起用すると広告主にとって新しい効果が見込めるのではないかと思いました。

世界各地で実施されたフォルクスワーゲンのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

フォルクスワーゲンの卓越した広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/online/volkswagen-augmented-reality-advergame/