Case:Donate A Word

国連児童基金ユニセフとGoogle Chromeが連携した“教育機会に恵まれない子供たちのための識字率向上キャンペーン”『Donate A Word』。

このキャンペーンは、Google検索やGoogle Chromeのユーザーがテキスト入力時にスペルミス(ミスタイプ)をした際、その文字を右クリックすると、「正しいワード候補(スペル)」と並んで、“Donate a Word”(この文字を寄付しません?)とのメッセージが表示される。

こちらの文字をユーザーがクリックするとキャンペーンサイトに遷移し、更にDonateボタンをクリックすると、1文字10セント(例えば「widow」という文字だと5文字なので50セント)で寄付され、その「スペルが正しいほうの文字」が画面全体に描かれた「Education」の文字の一部になるという仕組み。

この“Donate a Word”キャンペーンは、スペルミスをしてもブラウザやWordが指摘してもらえる(ある意味こういったツールやソフトウェアに私たちは「教育」してもらっているとも云える)正にそんなタイミングに、“「教育機会」に恵まれない世界9300万人の子供たち”について考えてみませんか?、というコンセプトのもと設計されたそうです。

現在参加している人の姿(スペルミスしたword)もサイトで見られるという点でも秀逸ですね。
ユニセフが手掛けた啓発広告に関心のある方は下記もご覧ください。
ユニセフの刺さる広告/プロモーション(まとめ)

GoogleのWebサービスを前提に実施された施策に関心のある方は下記もご覧ください。
Googleのサービスを駆使した斬新なデジタルプロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/online/unicef-donate-a-word/