Case:Awesome Street Advertising

世界各国の素敵なストリート広告を紹介します。
皆さんはどれが気に入りますかね?
ちなみに私はどれも好きですが、強いて挙げるとすると最初と最後の作品に参りました。

1.コンドームの「Durex」

ドット(つぶつぶ) 加工のコンドームとリブ(線状)加工のコンドームをそれぞれ表現するために、障害者用に設置されている道路の凸凹を活用した。とんでもない発想と実行力です。

2.人権保護団体の「Amnesty International」

“虐げられている感”をマンホールの中で表現。リアルで見たら物凄いびっくりしそうです。

3.煙草のポイ捨て予防などを啓発する団体「Bin Your Butts」

横断歩道の白線の一か所に煙草の吸い殻を大量に集めてみました。

4.交通被害者啓発団体

マンホールが原因で交通事故に遭い、車イス生活を送る人が毎年一万人以上存在する中国でマンホールの過剰設置を反対するためのプロモーション

5.水資源の重要性を訴える啓発団体「Water Is Life」

約4000リットルもの塗料で、主要道路を淡いブルーで塗りつぶした。かつて川があったことを思い出してもらうための施策だそうです。

6.McDonald’s

フライドポテトを模した横断歩道
ポテトからポテトへピョンピョン飛び跳ねたくなります。

7.「フェデックス キンコーズ」のプロモーション

8.子供の識字能力向上などに取り組む団体「Aseema」

どんな子でも、どこでだって「読み書きそろばん」ができるように、、ってことですね。ありものを使ってよく考えてます。

9.テーマは、「Symphony Crossing」

鼻歌しながら横断したくなりますね。

10.運転手市民の会「ACA-M」

交通事故の1/4は歩行者で、白のラインはラインではなく、亡くなった方の名前が書いてあるそうです。。ビックリ!

11.南アフリカ観光局

Zebraを想起させる交差点の白線

12.3Dの広告。コカ・コーラ&ブランデーメーカー

ちょっとわかりづらいですが多分すごいんだと思います。

13.矯正専門の歯医者「Altschul Orthodontics」

ガタガタのBeforeと普通の交差点を比較して表現。センスあって、うまいな~~

14.美容院「Bubbles Hair Salon」

櫛を模した道路の白線。

15.ショッピングサイト「Shopping Curitiba」

横断歩道の白線がバーコードになってます。そんなに買わせたいのか。。

16.家電量販店「Vijay Sales」

バーベキューセット販促のためのインスタレーション。

17.アニメ「Maximum Ride」

高層ビルの上に立っているように見えますが、実はトリックアートで階段の段差を利用したもの。

18.P&Gの洗剤ブランド「Meister Proper」

ブランドキャラクターの腕を組んだおじさんの白線だけが真っ白になっている。「なんでここだけ真っ白なの?」って見入って、腕組みおじさんを見つけて、ニヤリとする感じですかね。ナイスセンス!

19.カメラ「Canon」

望遠型カメラを表現するためのインスタレーション。

20.コーヒーメーカー「Folgers coffee」

マンホールから出る湯気をホットコーヒーの湯気に見立てている。すんばらしいセンスだと思います。
コレで湯気のニオイをコーヒーの香りにもしていたなら、それこそアメージングですね。