Case:Social Networking Since 1873

世界的なビールメーカーハイネケンのブランディング広告。

Social Networking Since 1873

猫も杓子も「ソーシャルネットワーキング」を話題にする風潮を巧妙に活用したクリエイティブで、ハイネケン(グリーンボトル)は、現在ネットの世界で話題のFacebookやHyves(オランダではFacebookよりも利用されてるSNS)、Twitterと同じように、1873年の発売開始以来、世界中の人々の“リアルなネットワーク作り(すなわちソーシャルネットワーキング)”を支援してきたのだ、と表現しています。

確かにアルコールのお陰で人間関係(=ネットワーク)が構築できたり、円滑に回ることはよくありますね。「飲みニケーション」という言葉が生れるくらいに。この発想、脱帽です。

世界各地で実施されたハイネケンのユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。

ハイネケンのアイディアが光る広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/print/heineken-social-networking-since-1873/