Case:Jaws Never Return

環境保護団体「Green Sense」による絶滅が危惧されているサメの保護を訴える啓発広告。

映画「Jaws」のパロディーで、サメと人間の立場が逆転している。

映画「Jaws」の広告では、『サメが泳いでいる人間を下から食べようとしている』が、この広告では『泳いでいるサメを人間が食べようとしている』様を描くことで、人間のせいでサメが絶滅の危機に晒されている点を効果的に表現。

jaws_never_return

映画上映ポスターをもじった『この惨劇は毎日上映されている(=行われている)』との記載にもセンスを感じる。

映画「Jaws」の広告

jaws

参考サイト

・I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2010/11/green-sense-jaws-never-return/