Case:The snapping Shark Mat

ベルリン市営水族館のプロモーション。

陸上競技を観戦に来る人と水族館の潜在的な来館客が一部類似していると捉え、陸上競技場でのプロモーションを敢行した。

具体的施策は、陸上競技の棒高跳びのマットに『口を大きく開けた巨大サメ』を描いた。
選手がマットに落下すると、あたかも『サメに食べられてしまうように見える』という仕掛けにより、水族館に実際来館することによる迫力を演出。

The snapping shark mat

The snapping shark mat

参考サイト

・Outdoor inspiration
http://www.outdoor-inspiration.com/?p=2111