Case:The Hitchhiker

ルノーのセダン「Fluence」のTV-CM。
ガス欠になった車の運転手がヒッチハイクを行うところから45秒の物語がスタート。

この運転手は、ヒッチハイクで乗せてもらった車(「Fluence」)にほんの短い時間で心底惚れ込んでしまい、せっかくガソリンを持って自らの車に戻ってきたものの、「Fluence」との差に落胆し、悲嘆にくれた結果、ガソリンを使って自らの車を燃やしてしまう。

世界各地で実施されたルノーの広告に関心のある方は下記もご覧ください。

ルノーのオシャレな広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

・Creative Criminals
http://creativecriminals.com/tvcinemafilm/renault-hitchhiker/