Case : Billboard

カルバンクラインが“集団レイプ”を想起させる広告表現を行った。
この広告がビルボードに設置された当日に“広告監視機関”により大衆広告には不適切と判断され、撤去された。

calvin-klein-rape-ad

calvin-klein-rape-ad


例え美しい性表現でも、レイプや暴力を容認・示唆するような表現は許されないとのこと。
大衆広告としては不適切とされたが、ブランドの広告表現としては高評価を得た。

話題にすることを意図して、「撤去されることを狙ってやったかどうか」は定かではない

参考サイト

・Herald Sun
http://www.heraldsun.com.au/news/national/violent-ads-spark-sex-fury/story-e6frf7l6-1225940899235